ワイヤーネットワーク
ワイヤーネット
CTB
ポケット式ロックネット
覆式ロックネット
WNW2.3
エースアンカー
GTアンカー

工 法

商品・開発

HOME
テンションバー
ワイヤーネットワーク工法
標準を2mとして、現地の地形にあわせ0.5m単位で4mまで調整する。
支柱
ルーフボルトアンカーの施工できない場所に設置する。
採用に当たっては引張試験を行い、耐力を確認する。
エースアンカー
岩質の良いところに設置する。
削孔長は90〜95cm、クサビ割入れをして、モルタルもしくはセメントミルクを充填する。
ルーフボルトアンカー
吊ロープの支柱側と最上段横ロープアンカーに各1ヶ取り付ける。
ターンバックル
最上段横ロープ 8ヶ/3m
横ロープ 4ヶ/3m
縦ロープ 8ヶ/5m
縦補助ロープ 5ヶ/5m
結合コイル
ワイヤーロープの端部に取り付ける。
巻付グリップ
ワイヤーロープの交点に取り付ける。
18φ、16φとの交点は (大)、14φ以下の交点には (小)
クロスクリップ
道路から40〜60cmの高さから支柱まで架設する。最上段横ロープに20cm以上折り返す。
金網の幅は3.3mの物を標準とし、架設は最低30cm以上を重ね合わせる。
金網にZG−3 (亜鉛メッキ) とCG−3 (カラー亜鉛メッキ) があるが、CG−3は交通量の多い道路、海岸線、環境美観を必要とするところに良い。
金網
ワイヤーロープ
吊ロープ 吊アンカーから支柱までの長さ (標準は10m)
縦ロープ 支柱から最下段横ロープまで (通常は5mの倍数)
縦補助ロープ 最上段横ロープから最下段横ロープまで
横ロープ 横ロープアンカーから横ロープアンカーまで (金網架設の端から通常5m)
巻付グリップ 取付1ヵ所につき結合部からロープ先端までの長さを差し引いて算出する
(12φ用 160mm  14φ用 200mm  16φ用 200mm
型式・仕様 APR−50G APR−40G APR−32G APR−26G
金網部平均重量(s/u) 8.1 5.5 3.7 2.6
主ロープ 18φ3×7G/O 16φ3×7G/O 14φ3×7G/O 12φ3×7G/O
補助ロープ 16φ3×7G/O 14φ3×7G/O 12φ3×7G/O 8φ3×7G/O
金網 5.0φ 50×50 4.0φ 50×50 3.2φ 50×50 2.6φ 50×50
ZG−3,CG−3 ZG−3,CG−3 ZG−3,CG−3 ZG−3,CG−3
岩部用アンカー 32φー1000 32φー1000 28φー1000 22φー1000
土砂部用アンカー 34φー1500 34φー1500 34φー1500 34φー1500
土圧抵抗板付 土圧抵抗板付 土圧抵抗板付 土圧抵抗板付
クロスクリップ
三方クリップ
巻付グリップ 18φ,14φ 16φ,12φ 14φ,12φ 12φ,8φ
結合コイル 4.0φ ×70×300 4.0φ ×70×300 3.2φ ×70×300 3.2φ ×70×300
ターンパックル 25φ J&E 25φ J&E 22φ J&E 22φ J&E
ポケット支柱 H=2.0m 100×100 6/8 100×100 6/8 100×100 6/8 100×100 6/8
ワイヤーネットワーク工法
 ポケット式ロックネット標準横断図  支柱 (土中用、岩部用)
ポケット式ロックネット標準展開図
ワイヤーネットワーク工法
ワイヤーネットワーク工カタログ

落石防護網工 カタログ ダウンロード   →

株式会社 エース産業