ワイヤーネットワーク
ワイヤーネット
CTB
ポケット式ロックネット
覆式ロックネット
WNW2.3
エースアンカー
GTアンカー

工 法

商品・開発

HOME
テンションバー

従来より落石対策工として定評のある
ワイヤーネット工の特徴

 
・ 自然環境を損なわない。

 ・ 施工性・経済性に優れている。

 ・ 斜面の安定化が図れる。


等の優れた特性を更に追求し生まれた工法です。

ワイヤーネットワーク工カタログ

ワイヤーネットワーク(1型) カタログ ダウンロード     →

株式会社 エース産業

ワイヤーネットワーク工法
ワイヤーネットワーク工法
 ・新開発部品テンションバー(張力維持具)の採用により、季節の温度変化によるワイヤーロープの伸縮を調整し、安定した緊張力で転石をガッチリ押さえ込みます。

 ・アンカーに直接つながるワイヤーロープを2本にすることで、更に安定性が向上しました。

 ・設置するアンカーは全て安定地盤へ定着させますので、浅層の滑りに対する抑止効果も期待でき斜面の安定性がましたました。
 このように優れた特徴を持ちながら施工費は従来のワイヤーネット工とほぼ同等です。
ワイヤーネットワーク工法
ワイヤーネットワーク標準図
ワイヤーネットワーク工カタログ

ワイヤーネットワーク(1型) 標準積算資料 ダウンロード   →